「1時間の怒り」は「6時間の残業」に相当

「1時間の怒り」は「6時間の残業」に相当

1時間怒り続けた場合に消耗する体力と精神力は残業6時間に相当するという。心理学の専門家は臨床例を分析し、「長時間におよぶマイナスのストレスにより、高血圧症や冠状動脈硬化症、消化性潰瘍、偏頭痛、喘息、大量脱毛などを引き起こす可能性があり、マイナスの感情が人に及ぼす影響は決して侮れない」ことを発見している。健康時報が伝えた。 …

Source: People’s Daily Online Click to Read more from the respected source


 

Affiliates